森見登美彦作「夜は短し歩けよ乙女」が初心者向けギャグ文学だという紹介

問わず語り

これは私のお話ではなく、彼女のお話である。

これは彼女が酒精に浸ったゆるの旅路を威風堂歩きぬいた記録であり、また、ついに主役の座を手にできずに路傍の石ころに甘んじた私の苦渋の記録でもある。

読者諸賢におかれては、心行くまで味わわれるがよろしかろう。

願わくは彼女に声援を。

引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女

どどどうも初めまして。

いや、はじめましてではないのだろうか?

たかぴの予告盗塁へヨーソロー。たかぴである。

突然だが、このたかぴさんにはどうしても紹介しておきたい本が一冊ある。

それは。

森見登美彦という作家が書いている。

夜は短し歩けよ乙女という本なのだ。

恥ずかしながら私は実は、この「森見登美彦」という作家にひじょーーに影響を受けている。

「~である。」とか「~であろう。」「~なのだ。」という文体は。まさしくこの作家の影響モロ出しなのだ。

本来、物書きに始まり、マンガや絵画、音楽など。

なんらかのアウトプットをする人物が、こういった「私はこの人に影響を受けています!」

というのは、仮に周りからは感づかれていても自分で言うのは抵抗がある、正直恥ずかしい。

例えばマンガで、非常に絵柄や作画、話の流れが似ているマンガがあったりする。

個人的な感覚での例を挙げると。

「RAVE」や「FAIRY TAIL」の作者である真島ヒロ氏の作風というのは。

「ONE PIECE」の作者、尾田栄一郎氏の作風と非常に似ている。(個人の感想です)

いや、むしろパクリといっても過言ではない。(個人の感想です)

でも、真島ヒロ氏の尊敬する漫画家として挙げているのは。

尾田栄一郎氏ではなく、「DRAGON BALL」の作者、鳥山明氏である。

(余談だが、私は尾田栄一郎氏も真島ヒロ氏も大好きである。)

このように。

たぶん気づかれている、気づかれてるのは知ってるよ。

でも、その上で本来、自分でそれを言うのは恥ずかしい。

というのが得てしてマンガ業界や絵画業界、果ては音楽業界まで。

受け取る側に「あー、やっぱりね!」って思われるのが恥ずかしくて言えないのだ。

表現者側におかしなプライドがあるにはあるのである。(あるが沢山ある)

そんなプライドが蔓延するこの世界で。

私が何故、声を大にして「森見登美彦氏に影響を受けているよ」と言うのか。

理由は二つだ。

1.そもそも私に大したプライドが無い

2.森見登美彦氏の作品が素晴らしすぎる

以上である!

別に高名な物書きではない私には。

全くもってプライドが無い!(笑)

ただただ、これを読んだあなたがちょっとクスっと笑えて。

より面白い物に出会えたらそれで良いのである!

なので今回は、森見登美彦氏の作品で、個人的に一番思い入れのあるこの

「夜は短し歩けよ乙女」という作品の紹介をしようと思う。

心して聞け!

聞かぬ者にはおともだちパンチを食らわせるぞ!


夜は短し歩けよ乙女は言葉の持つ力がすごい

「おともだちパンチ」をご存じであろうか

(中略)

幼い頃、彼女は姉からおともだちパンチを伝授された。姉は次のように語った。

「よろしいですか。女たるもの、のべつまくなし鉄拳をふるってはいけません。

けれども広い世の中、聖人君子などはほんの一握り、残るは腐れ外道かド阿呆か、そうでなければ腐れ外道でありかつド阿呆です。

ですから、ふるいたくない鉄拳を敢えてふるわねばならない時がある。そんなときは私の教えたおともだちパンチをお使いなさい。

おともだちパンチには愛がある。

おともだちパンチを駆使して優雅によを渡ってこそ、美しく調和のある人生が開けるのです。

引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女

「おともだちパンチ」が一体どんなパンチなのかの解説は敢えてしないが。

上記の文章を見て、少しでもクスっと来たなら

あなたは絶対にこの作品を読んだ方が良い。

そして、これが「合う!」と思った人に関しては、逆にその人が余り本を読まない方でも絶対的にオススメできる作品だ。

基本的に内容は、主人公である「私」がヒロインである「黒髪の乙女」に恋をして。

ちょっとだけファンタジーになった京都の夜をした舞台に

主人公の「私」が「黒髪の乙女」に ストーカー 恋をするというよくありがちなラブストーリーだからだ。

特筆すべきはやはり、それを表現する表現方法が、「言葉」であること。

この作家、森見登美彦氏の独特のちょっと”古風な言い回し”と、

”古風な言い回しのクセに書いてある事は薄っぺらくて笑える”という絶妙なハーモニーが作品の面白さを加速させる。

難しそうにみえて、実はギャグ文学なのであーる!

これは本当に、「言葉」だからできることに他ならない。

なので言葉の力を次に述べたい。

言葉の力

諸君、異論があるか。あればことごとく却下だ。

引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女

この作品は非常に人気で、漫画化もされているし

さらには超人気アーティスト、星野源が主演声優として参加し、アニメ映画化までされている

上記の漫画も読んだし、映画も読んだが。

正直、私にはどちらもオススメしない。

確かにどちらも素敵な作品ではある。

だが、漫画や映画ゆえに、圧倒的に「言葉の力」が足りないのだ。

漫画の黒髪の乙女は確かに可愛い。

そして、映画の黒髪の乙女も確かに可愛い。

だが・・・だが・・・。

原作を読み、私が想像した黒髪の乙女の方が100倍可愛い!!

そんな経験、皆さんもないだろうか?

原作を読んで面白くて、漫画化やアニメ化、映画化されたヤツを見に行ったらイマイチだった。

きっとあると思う。

そしてそれはやっぱり。

原作の「言葉」の持つ力が。

つまり、それを受け取った「あなたの想像力」が。

視覚の情報力を超えたという証なのではないだろうか。

ここからは最近ネットにあふれるブログに関してちょっと思う事。

あまりにも、収益化狙いすぎじゃね?

「成功者がしているたった1つのなんとか」

とか、いや、たしかに勉強にはなるしすごいよ。

「私はこれを使ってすごくよかったので、はいこの商品リンクね」

とか、いや、たしかにこの記事でも同じ様な事はしてるよ。

でもさ、なんというか。

あまりにも無味無臭じゃね?

僕はもっと、その奥底にある人間味に触れたい。

その記事を書いている人の「人間味」や「におい」に触れたい。

こう思うのは少数派なんかもしれんけど。

あまりにも、そういう記事が多くてビックリする。

いや、素晴らしいんだけどね。

言葉って。もっとすごいだろ!

人生変わるだろ!

聖書にもあるように。

「初めに言葉があった」んだよ!

上手く言えないけど、そんぐらいすごいんだよ!

そして、その言葉「人間味」や「におい」を受けて人間が生み出す想像力っていうのは

とてつもなく素晴らしいものなんだと思う。

だから僕は少数派だろうが、力足らずだろうが、ネットという表面温度0℃で0と1の羅列の世界に言葉を上げる時。

そんな「人間味」と「におい」だけは忘れたくないと思う。

と、少し本音を言ってしまったが。

それを言いたくなるくらい。私はこの作品と、森見登美彦氏も好きなのであーる。

最後に:この作品との出会い

「泣くものか。眼から、いささか塩水が出た」

引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女

「一目惚れ」なんて事をあなたはした事があるだろうか?

ちなみに、私はある。

そして、この作品を紹介してくれたのが、他でもない、私が一目惚れしたその人なのだ。

プロフェッショナルな音楽家であり読書家であり。

お休みの日はカフェにて読書して過ごすという、今まで私の近くにいる人とはまた少しばかりジャンルの違う人であった。

とても頭の回転が速い人だったのかなぁと、今になって思う。

その人が冒頭の私と同じように。

「文体が独特だけど、面白いから読んでみて。」

と言ってこの作品を紹介してくれた。

さらに、当時無職で、恋をする資格もないと自負していた私に。

「たかぴくんは言葉が面白いから、作家になればいいよ!下駄履くし、浴衣着るしぴったりや!」

と私を励ましてくれ。

それならば別にプロフェッショナルじゃなくていいから、何か書こうかな?

と思い、当時放置していたブログや、自分のバンドの歌詞などを改めて書きだした事も覚えている。

結局、当時の自分の劣等感ゆえその人とは距離をとってしまい、恋は実らなかった。

そして、それで良いと思っている。

なぜなら、今は私はその人よりももっともっと愛する妻と結婚し、もっともっと愛する子供達と生活しているからだ。

今、その彼女がどんな生活をしているかはわからない。

ただただ、幸せであって欲しいと思う。

結局の所、この記事は私のお話ではなく、彼女のお話である。

願わくは彼女に幸福を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました