~Stay Foolishより~

スピーチ攻略

Stay Hungry, Stay Foolish.


2005年、スタンフォード大学の卒業式にゲストとして招かれた

当時アップル社のCEOスティーブ・ジョブズ氏が

その時、卒業生に向けてしたスピーチがとても有名で

知っている方も多いかもしれませんが、それを題材に少し話をさせて頂きます。

今回話すのは、その中でも「点と点をつなげる」という話です。

大学時代、スティーブ・ジョブズ氏が熱心に勉強していたのは。

「カリグラフ」というものだったらしいです。

カリグラフというのは、いかに文字をかっこよく見せるかという事らしく。

極端に言えば、日本で言う習字みたいなものだそうです。

以外ですよね、ITの先駆者のイメージがあるので

プログラミング関係とかばっかり勉強してそうだと、僕は勝手に思っていました。

しかし、スティーブ・ジョブズ氏いわく、あのカリグラフの経験がなければ

マッキントッシュというパソコンを作った時に、これまでのパソコンに無かった

美しい「フォント」という概念を持ち込む事が出来なかっただろうと言っていました。

大学でカリグラフをしていた当時は、全く未来では役に立つなんて考えてもいなかった経験。

点でしかなかった過去の経験が、未来において別の点で線になり結びついた瞬間です。

そして、その点と点を繋いだ線の力は、とてつもなく大きな力だと僕も思っています。

自分自身、何度か転職の経験もあり、職種も変わっています。

ですがその中で全く違う業種で得た過去の経験が今の仕事に役立つ機会が本当に多々あるのです。

なので、僭越ながら先輩ヅラして、今年入社の新入社員に一つだけアドバイスをさせて頂きます。

それは、

「とりあえず、今、目の前にある事を精一杯がんばってみる。」

という事です。

「雑用ばっかり」とか「こんな事、何になる?」と感じる事も多々あるでしょうが。

目の前に与えられた事を精一杯こなして、確かな点を作っておけば

それがいつか、どこかの未来の点で必ず繋がる事があると思います。

そして、それはきっと皆さんの誇りになって、素敵な人生を歩めるのではないかと考えます。

とりあえず目の前の事に打ち込み、わからない事は先輩に必ず確認し。

一つ一つ、自分に出来る技術という点、出来た自信という点をたくさん作って行ってください。

最後に、点と点を線で繋ぐという話でしたが。

人と人というのは縁でつながっていると思います。

この人生の中で皆さんと会えた事が、僕の大きな誇りです。

一緒にがんばっていきましょう。

以上で終わります。ありがとうございました。


あ、こういうの残すのって思った以上に恥ずかしいんだね。

うんうん、わかった。

まぁ、どうせ誰も見てないだろうし、よかろうなのだ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました