[ゼルダの伝説BOTW]リンクに学ぶ自由に生きる方法4選 part2

アニメ・漫画に学ぶ
パンツ半目イケメン

この記事は上記リンクの続きです。

3.困難からは躊躇なく逃げよう

さて、リンクさんを操作しながら悠々自適なハイラルライフを送ろうとする中、やはり障害がある。

一言でいえば、めっちゃ敵が強い。

そして100年間寝たきりだったリンクさんは、ブランクがあるのかめっちゃ弱い。

マジですぐ死ぬ。

ザコ敵にボコボコにされるのである。

他のゲームならワンパンされる存在であるゴブリンに殴られて死ぬ。

ドラクエならザコ敵存在のスライムに触れられて死ぬ。

戦ってたら使っていた剣がすぐ折れて死ぬ。

突然強そうなヤツが現れて死ぬ。

素晴らしい風景と同じくらい、「GAME OVER」の文字を見る事になる。

ガメオベル

もう、本当にやばい。

私も何度も心が折れそうになった。

だが、ここにもリンクさんに学ぶ自由の法則がある。

この困難に対しての明確な答えを言おう。

それは「逃げる」という事だ。

正直、このゲームにおいて、敵と戦うというメリットは低い。

リンクさんは戦いの中ではなく、祠(ほこら)という場所を訪れる事で成長する。

正直、道中のザコをすっとばして、あんまり戦わなくてもめっちゃ強くなる。

なので、無理して敵と戦う必要は無いのである。

なので私はゲーム内ではめっちゃ逃げた。

目的地に向かって遠回りしてまで敵を避けた。

一見、主人公らしくない、勇者らしくない行動だと思うかもしれない。

だが、私はこの「逃げる」という行動が正解だと思っている。

そして、これは現実世界でも言える事ではないだろうか。

あなたが今までの人生の中で、ザコと戦って得た物はなんだろうか?

ザコといってもピンとこないかもしれないので

そう、例えば仕事の中でいわゆる格下の人物と争いになり、その末に得た物である。

「いや、ザコなんか相手にした事ないな」と言えたなら、あなたは正解だ。

失う事の方が多い。

例を挙げよう。

仕事も真面目にやっているあなたが、不真面目な同僚から変なイチャモンをつけられ。

挙句、喧嘩までしてしまった経験はないだろうか?

正直、その喧嘩、勝ったからと言って何も得をしない。

そんな争いに勝利した所で、あなたは、あなたを慕っていた後輩からこう思われてしまう。

「ああ、〇〇先輩、仕事できるし良い人だと思っていたけど、あんな格下の人相手にマジになって・・・なんかちょっと見損なったな」

である。

必要なのは、腕力や知力、口論力などではない。

どんなイチャモンをつけられても笑ってスルーできる器のデカさだ。

先ほどの例の中で、もしも喧嘩をしなかった場合。

あなたを慕う後輩はどう思うだろう。

「おお、〇〇先輩、あんな変なイチャモンつけられたけど笑ってスルーするなんて、なんて器のデカい人なんだ・・・。改めて尊敬するな!」だ。

正直、ザコを相手にして得る物なんてないのである。

戦いは何も生まない。

人生、逃げるが価値である。

逃げる事であなたが受けたストレスは、別の方法で解消すればよい。

便所でぬいぐるみをボコボコに殴ったり、モンストに万単位の課金をしたりすればよい。

実際に、私はゲーム内でザコから逃げ続け受けたストレスは、ゲーム内にて解消した。

たいまつを燃やし山火事を起こしたり。動物を虐待したり。

パンツ一丁になり一般人に切りかかったり、女装して民家をバクダンで爆破したりした。

正直、スッキリした。

以上の事が、困難からはすぐに逃げようの法則である。

これであなたはまた一歩自由に近づいたのである。

あ、ちなみに本当に、自分なりのストレス解消法だけは持っておこう。

ちなみに私のオススメのストレス解消法は、全裸で街中でブレイクダンスを踊る事である。

4.イケメンになろう

これが最後の自由への法則だ。

そしてこれが真髄である。

それはまさしく。

「イケメンになる事」である。

正直な事を言おう。

世の中、見た目が99%である。

人間は視覚というものを一番重要視する。

たとえば、あなたがこの中でお付き合いしたい女性は誰だろう。

1.見た目がめっちゃ可愛い子(しかも性格も良くて年収1億で性欲強め)

2.極限までブサイクだがめっちゃ良い匂いの子

3.極限までブサイクだがめっちゃ良い声の子

4.極限までブサイクだがめっちゃ触った感じが良い子

5.極限までブサイクだがめっちゃ舐めた時に味が良い子。

おそらく、ほとんどの方が1の見た目がめっちゃ可愛い子を選ぶのではないだろうか?

気づいたと思うが、これは人間の5感、1.視覚・2.嗅覚・3.聴覚・4.触覚・5.味覚になぞらえた物である。

(いくらか誘導的な物を感じたかもしれないがスルーしてほしい。前述のように、スルースキルは重要である)

人間は5感のうちで「視覚」という感覚が群を抜いて強い。

総じて、ルックスが良い人間というのは人生がイージーモードになる。

とある実験結果によると、イケメンというだけで何故か世間の評価が上がり、年収が10~15%も高くなる。

また、イケメンというだけでデキるヤツと思われ、それに答えるべく自身が努力学校の成績が上がり。

さらにイケメンというだけで裁判で勝つ確率が高いという結果がでている。

つまり、イケメンというのは最強にチートな能力なのだ。

もしも私が異世界転生してステータスを振りなおすなら。

全ステータスを「ルックス」に振り切るであろう。

それくらい、「イケメンである」という事は素晴らしい事である。

さあ、我らが師匠、リンクさんを見てみよう。

イケメン

やはりイケメンだ。

傷つくイケメン

震えるほどイケメンだ。

寒がるイケメン

寒そうな顔もイケメンだ。

目覚めるイケメン

裸で半目でもイケメンだ。

まぶしいイケメン

失禁するほどイケメンだ。

そう、リンクさんは男でも勃起するほどにイケメンなのである。

仮にこのリンクさんが、バナナマン日村みたいなルックスだったらどうだっただろうか?

ゼルダ姫(スパッツ尻女)は100年間もリンクさんを信じて待ち続けただろうか?

街の人々はリンクさんに全裸で切られても怒らないだろうか?

村の作物を取りつくしても怒らないだろうか?

家をバクダンで爆破されても怒らないだろうか?

分かり切っている。

答えはNoだ。

普通、そんな悪事、許されるハズがない。

これはすべて、リンクさんがイケメンだから許されている事なのである。

以上の事からこう断言する。

整形上等。金をいくら積んでも良い。

イケメンになろう!

以上でリンクさんに学ぶ自由の法則4選を終了する。

皆様の人生に幸あらんことを祈る!

では!


P.Sめちゃくちゃ書いてますが、私は本当にゼルダの伝説ブレスオブザワイルドが大好きです。

なので最後に、本当に心からのレビューを次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました