読み物

問わず語り

森見登美彦作「夜は短し歩けよ乙女」が初心者向けギャグ文学だという紹介

これは私のお話ではなく、彼女のお話である。これは彼女が酒精に浸ったゆるの旅路を威風堂歩きぬいた記録であり、また、ついに主役の座を手にできずに路傍の石ころに甘んじた私の苦渋の記録でもある。読者諸賢におかれては、心行くまで味わわれるがよろしかろう。願わくは彼女に声援を。引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女 どどどうも初めまして。 いや、はじめましてではないのだろうか? たかぴの予告盗塁へヨーソロー。たかぴである。 突然だが、このたかぴさんにはどうしても紹介しておきたい本が一冊ある。 それは。 森見登美彦という作家が書いている。 夜は短し歩けよ乙女という本なのだ。 恥ずかしながら私は実は、この「森見登美彦」という作家にひじょーーに影響を受けている。 「~である。」とか「~であろう。」「~なのだ。」という文体は。まさしくこの作家の影響モロ出しなのだ。 本来、物書きに始まり、マンガや絵画、音楽など。 なんらかのアウトプットをする人物が、こういった「私はこの人に影響を受けています!」 というのは、...
問わず語り

夏の朝にキャッチボールを

このキャッチボールがきっかけでまた仲良くなり 今になってもこちらに里帰りの際には絶対に会ってくれるミート。 本当に人生の友人だと思っています。
タイトルとURLをコピーしました