今までで一番痩せた!ブラック企業ダイエット法

勉強になる話

おひさし!

どーも!たかぴです!

今日も元気だろうかベイビー。

そして久々の今回は、唐突だが、私が今まで体験した中で一番痩せたダイエット法を紹介しよう。

「ダイエットは明日から」

これは私の人生の中で私自身が放った名言のTOP3に入る言葉である。

この名言を毎日、繰り返し公言し続ける事で、明日からダイエットをするんだ!という希望を持ちつつ

毎日おいしいごはんをお腹いっぱい頂いている。非常においしい。

なんともピースフルかつストイックな存在、それがたかぴさんであるのだ。

ちなみに私の人生の中で放った名言のTOP3の内、残り二つは。

「健康のためなら死んでもいい」

と、

「禁煙なんて楽勝っすよ!僕は100回以上はしてますね!」

である。

どちらも非常にストイックで前向き、かつマッチョフルな名言であると言えよう。

そんな自己啓発とダイエットの申し子、たかぴさんが今回、読者の皆様に本当に効果のあるダイエット法を伝授するのだ。

目をあれだ、アレしてみて欲しい。

アレだアレ、そう、刮目せよである。

筆者が成功したダイエット例

おかんのメシ不味いから食いたくないよダイエット

私が今まで成功したダイエット法は、3つある。

1つ目は「おかんのメシ不味いから食いたくないよダイエット」

これは、中二病をこじらせていた10代の頃。

「おかんのメシが食べたくない、何故なら不味いから」

と言い張って全然ご飯を食べなかった時代があった。

(今思えば、母はちゃんとご飯を作ってくれていたので、本当に申し訳なかったなと思う・・・)

ダイエット法としては非常にシンプルだ。

とにかく、メシを食わなかった。

主に、晩メシをまともに食べなかった。

これでなんと激ヤセを果たし、とっても素敵なボディを作る事ができたのだ。

これが私の一つ目のダイエット成功例である。

俺ニートだからメシ食う資格ないよなダイエット

2つ目は「俺ニートだからメシ食う資格ないよなダイエット」

とある事情からニートになってしまった私なのだが。

ニート生活を満喫するあまり、毎日朝方までゲームをし続け、眠り。

夕方に起きてまたゲームをして朝方に眠るという人類にとって全く利益とならない存在、生産性ゼロの男。

生ける屍というか、死せる聖者というか。

例えるなら「ウンコ製造機」みたいな時期が若い時にあった。

最初は仕事がなくてもゲームしてるだけで非常に楽しく、「もう一生これで生きて居たい!」なんて思ったのだが。

日を重ねるにつれ減っていく貯金残高、同い年の皆はちゃんと仕事しているのに、自分はウンコしか製造していないという事実。

精神を病み始めた私は。何かしらの罪悪感から。

「働かざる者食うべからずだよな・・・」

と、一日で食パン1枚しか食べない生活が始まった。

この行動に恐ろしいほどのダイエット効果があり、体重が激減したのだ。

これが2つ目の

「俺ニートだからメシ食う資格ないよなダイエット」

の全容である。

そして3つ目がこれだ。

ブラック企業ダイエット

これが今回の一番の目玉。

私が経験上、一番痩せたダイエットである。

上記2つのダイエット法は、正直、誰でもできる物ではないと考えている。

1つ目は、母親のメシが不味いという前提が必要であり、2つ目はニートにならないといけないというデメリットがある。

しかし、3つ目に紹介するこの「ブラック企業ダイエット」は、収入を損なわず、誰でも気軽に実行する事ができるダイエット法だ。

実際、どうやって私がこのダイエット法を成功させたかを紹介しよう。

ブラック企業ダイエット法とは

このブラック企業ダイエット法は、非常に簡単なロジックから成り立っている。

  • 1.ブラック企業に入社する
  • 2.心身共に疲労困憊する
  • 3.痩せる

私が以前勤めた会社なのだが、これが世間でいうわかりやすいブラック企業だった。

上司からはネチネチネチネチと文句を言い続けられながら、朝の早くから夜は日付が変わるまで働き続ける。

休日出勤なんて当たり前。人格は基本的に否定され、休み時間なんてものは全くなく動き続ける日々・・・。

まぁ、クソだなクソ。

そんな毎日を過ごす中で、自分自身が疲労困憊し、果てには食欲も失い、その先はなんと・・・

めっちゃ痩せた。

そして私はカウンセリングが必要なほどに追い詰められ、その仕事を辞めたのである。

これがブラック企業ダイエット法のすべてだ!

ここまで、数々のダイエット法を紹介してきたが、正直、一つもオススメできるものはないし、実際オススメしたいとは一言も書いていない!

ブラック企業にいて痩せたぜ!みたいな事をネタにして笑い飛ばすために書いてやろうと思ったが、思い出せば出すほどイライラしてきたわー。

ブラック企業なんてマジで滅びればいいのに。

従業員をそんな状態まで追い込まないと回らない会社な時点で何かが破綻してんだよ。

マジでクソだわー。

もしもあなたが今、ブラック企業にいて悩んでいるのなら、間違いなく転職した方がいいと断言する。

経験者は語る。

なんか最初に描いてた構想より変な方向に向かってしまった。スマヌ

コメント

タイトルとURLをコピーしました