2020-04

勉強になる話

一般人目線で楽しめる思考実験

思考実験というものをご存じでしょうか? 個人的に、禅問答みたいな感じで大好きなのですが。 そういったものを簡単に紹介しますね。 思考実験とは 思考実験とは、とある条件を頭の中で実験的に考えてみて答えを導きだすもの。 基本的に、実現不可能だったりする事を想像してみたり、SF的な世界になった事を想像してみたりと実験内容は多岐にわたります。 なんだか難しいっぽいなーと思う方は小学校とかであったかもしれない 「うんこ味のカレーとカレー味のうんこ。食べるならどっち?」 個人的にこれが一番有名な思考実験だと思っています。(カレー食べてる方には申し訳ありません) うんこ味のカレーが作れるのか。カレー味のうんこが存在するのか。 それは正直、実現不可能かもしれませんが。 そういった事を想定して、もしも自分が食べるなら・・・と想像し なんらかの答えを導きだすのが思考実験だと思っています。 ちなみにこの問いに対して、僕はうんこ味のカレーを食べます。 非常にマニアックな属性の持ち主でないかぎり、うんこがどんな...
音楽の話

ザ・ブルーハーツ 俺的最強ランク Part2

この記事は上のリンクの続きです。 セイハロー。 始まりましたパート2! ガンガンおすすめしていきましょう。 4位 YOUNG AND PRETTY ~猛進のセカンドアルバム~ 1. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー2. ロクデナシ (ギター弾きに部屋は無し)3. スクラップ4. ロクデナシ5. ロマンチック6. ラインを越えて7. チューイングガムをかみながら8. 遠くまで9. 星をください10. レストラン11. 英雄にあこがれて12. チェインギャング アマゾンの曲名の一部が、「12.チュインギャング」になっててうぜぇ。 なぁんてことは置いといて、セカンドアルバム、YOUNG AND PRETTY! ここらへんはもう、本当に、これが初期のブルーハーツだ!という曲が盛りだくさん。 シンプルな曲構成、だけど熱くてメッセージ性がとても高い。 その中で、僕がイチオシの曲はやはりこれでしょう。 チェインギャング 作詞・作曲 真島昌利 仮面をつけて生きるのは ...
音楽の話

ザ・ブルーハーツ 俺的最強ランク Part1

僕、ブルーハーツが好きだ! 35を超えて、未だに音楽をやっている私なのですが。 音楽を始めるきっかけになったのが、今回紹介するバンド。 THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)なのですね! もう、中学校で出会って今まで一番好きなバンドに居続ける彼ら。 彼らの活動の中で残したアルバムを(ベスト盤を除く)、今回、ここでランキングつけて紹介したいと思います。 ただ、これは本当に辛い、辛いのであります。 なぜならbecause(なぜならなぜなら) 私、ブルーハーツが好きすぎて、全部が好きすぎて。 「もうランキングなんてつけれないよ・・・」っていう感じなのです。 例えば、自分の愛する子供達にランキングをつけれますか? うーん、長男は2位で、次男はエロいから3位。あ、でも、長女はかわいいから1位ね! なんて、そんなかんたんに割り切れるものじゃないだろう! とはわかっていつつも、やってみよう。 いや、やってみたくて今ここでキーボードをクラッシュする勢いでバカスカやっておるのです。 と...
アニメ・漫画に学ぶ

日常会話で使える名ゼリフ[ジョジョの奇妙な冒険第3部 スターダストクルセイダース]

この記事は上記リンクの続きです。 はい、という事でたかぴさんがやってきましたよ。 日常会話で使える名ゼリフ、でございますである! 第3部、いいよね!すごい盛り上がるよね!テンション上がるよね! 初めてジョジョの奇妙な冒険に触れたのは中学時代。 周りの評価があまりに高く、友人に貸してもらったのだ。 当時、最初に1部2部と読み進んだ時は正直、「ギャグ漫画かな?なんでそんなに評価高いの?」 なんて思って読み進めたのだが。 3部になって本当に素晴らしい作品に開花した!というのが感想である。 作者に一番勢いがあったのがこの3部なのではないだろうか? 1部のラスボス、DIO氏がこの3部で復活するのだが(ネタバレ)DIO初登場時の絵のタッチがこれまた迫力がありすぎて素晴らしい。 作者がたまに現在(2020年)のタッチでDIOを書くのだけれど、もちろんかっこよいんだけど。 この3部のタッチのDIO氏にはかなわないのである。(個人の感想です。) ...
問わず語り

森見登美彦作「夜は短し歩けよ乙女」が初心者向けギャグ文学だという紹介

これは私のお話ではなく、彼女のお話である。これは彼女が酒精に浸ったゆるの旅路を威風堂歩きぬいた記録であり、また、ついに主役の座を手にできずに路傍の石ころに甘んじた私の苦渋の記録でもある。読者諸賢におかれては、心行くまで味わわれるがよろしかろう。願わくは彼女に声援を。引用:森見登美彦著 夜は短し歩けよ乙女 どどどうも初めまして。 いや、はじめましてではないのだろうか? たかぴの予告盗塁へヨーソロー。たかぴである。 突然だが、このたかぴさんにはどうしても紹介しておきたい本が一冊ある。 それは。 森見登美彦という作家が書いている。 夜は短し歩けよ乙女という本なのだ。 恥ずかしながら私は実は、この「森見登美彦」という作家にひじょーーに影響を受けている。 「~である。」とか「~であろう。」「~なのだ。」という文体は。まさしくこの作家の影響モロ出しなのだ。 本来、物書きに始まり、マンガや絵画、音楽など。 なんらかのアウトプットをする人物が、こういった「私はこの人に影響を受けています!」 というのは、...
アニメ・漫画に学ぶ

日常会話で使える名ゼリフ[ジョジョの奇妙な冒険第2部 戦闘潮流]

前回の記事 ~第1部ファントムブラッド~ この記事は上記リンク「日常会話で使える名ゼリフ の続きです。 はいー!第2部来ました!のである。 改めまして初めましての方もいらっしゃるであろう。 歩くセクシャルハラスメントと名高いたかぴさんの登場である。 今回もコミュ症のあなたに日常会話で使える名ゼリフを伝授しよう。 題材は、引き続き私の大好きなジョジョの奇妙な冒険シリーズの第2部「戦闘潮流」からである ちなみにぶっちゃけ言うと、ジョジョシリーズの中で私はこの第2部が一番嫌いである(好きな人は本当にごめんなさい) 私的ランキングは 4部≒5部≒7部>3部>1部>8部>6部>2部 といったランキングですね(個人の感想です) 2部はなんだろうな・・・。 面白いという人の意見もわかるけど・・・。 初めて1部→2部と読み進めていた時、一番心折れそうになったかな。 は?これ、何で人気なの?って思いながら読んでいた。 で、3部から面白くなってきたからホッとしたというか・・・。 基本的に...
スピーチ攻略

偉くなると馬鹿になる

最近話題の新型コロナウイルスが話題になっていますね。 学校が長い間休みになったり、外出するにも非常に気をつかったり。 皆さん、かなり自粛した生活をしていると思います。 そんな中、行政側の対応の遅さや悪さ、的外れ感が非常に話題にもなっています。 「いったい日本政府はどんな対応をしてくれるんだろう」と思っていたら。 「マスクを2枚支給するね」とか。 ご存じの方も居られると思うのですが。 インスタグラムで星野源さんが「うちで踊ろう」だったかな? その動画に安倍首相がちょっと微妙な感じでコラボして炎上したり。 政治家という、エリートの中のエリートで、本来非常に優秀である人物が。 何故こんなに残念なのか。 僕個人的に気になって、少し調べてみました。 結論から行くと、人間というのは基本的に。 えらくなるほど馬鹿になるそうです。 正確には、馬鹿になるというのとは少し違うのですが。 まず、ひとつ。 人に共感するという共感能力が著しく低下するそうです。 カリフォルニア大...
アニメ・漫画に学ぶ

日常会話で使える名ゼリフ[ジョジョの奇妙な冒険第1部ファントムブラッド]

コミュ障の皆様、どうもである。 歩く猥褻物陳列罪、たかぴ様の登場である。 調子はいかがだろうか? 生きていれば数々の人と出会う。 そして人とのコミュニケーションには会話がつきものである。 毎日の上司・同僚との会話。 googleの入社試験のような恋人との会話。 気の利いた事を言いたいが、コミュ障のあなたは何を言って良いかわからない。 やり過ごしたいけれども、どうやって切り抜けたら良いかわからない。 考えすぎた末に意味の分からない事を言って、相手を不快にさせてしまう。 そんな経験、あなたは幾度となくしてきた事であろう。 そんなあなたに今回、私が愛するジョジョの奇妙な冒険という漫画の中で 日常会話でつかえる名センテンスを紹介しようと思う。 この漫画、非常に人気かつ長寿漫画であり、第1部~第8部(現在も連載中)まである超長編。 ちなみに、私が好きなのは4部・5部・7部。 昔は4部が一番好きだったが、今は5部・7部の株が上がり、「もう全部好き」って感じになっている。 あまり...
アニメ・漫画に学ぶ

[ゼルダの伝説BOTW]リンクに学ぶ自由に生きる方法4選 あとがき(作品レビュー)

この記事は上記リンクの続きです。 こんな所まで読んで頂いて本当にありがとうございます。 ゼルダの伝説・ブレスオブザワイルド。 大好きなゲームを好き勝手に語り、何か得る事があったのかと言われれば、正直無いかもしれませんが。 このゲームの素晴らしさが誰かに少しでも伝わればと思い、書かせていただきました。 あなたにとってゲームって何? と聞かれて、私は全く答える事ができません。 小学校1年生の頃からゲームが大好きでずっとやり続け。 30の半ばになってもまだ好きで続けています。そしてこれからもやっていくでしょう。 好きな事を続けるのに「何」という問いかけは必要無いのかもしれませんね。 私がこのゼルダの伝説・ブレスオブザワイルドと出会ったのは、仕事が非常に立て込み、心身ともに弱っていた時期でした。 会社の先輩にニンテンドースイッチを格安で譲っていただき。 せっかくだからストレス解消にとこのソフトを購入したのがきっかけでした。 最初、始めた時は、海外のゲームに良くあるオー...
アニメ・漫画に学ぶ

[ゼルダの伝説BOTW]リンクに学ぶ自由に生きる方法4選 part2

パンツ半目イケメン この記事は上記リンクの続きです。 3.困難からは躊躇なく逃げよう さて、リンクさんを操作しながら悠々自適なハイラルライフを送ろうとする中、やはり障害がある。 一言でいえば、めっちゃ敵が強い。 そして100年間寝たきりだったリンクさんは、ブランクがあるのかめっちゃ弱い。 マジですぐ死ぬ。 ザコ敵にボコボコにされるのである。 他のゲームならワンパンされる存在であるゴブリンに殴られて死ぬ。 ドラクエならザコ敵存在のスライムに触れられて死ぬ。 戦ってたら使っていた剣がすぐ折れて死ぬ。 突然強そうなヤツが現れて死ぬ。 素晴らしい風景と同じくらい、「GAME OVER」の文字を見る事になる。 ガメオベル もう、本当にやばい。 私も何度も心が折れそうになった。 だが、ここにもリンクさんに学ぶ自由の法則がある。 この困難に対しての明確な答えを言おう。 それは「逃げる」という事だ。 正直、このゲームにおいて、敵と戦うというメリットは低い。 リン...
タイトルとURLをコピーしました